コンテントヘッダー

ブログつぶやき(2015年)

だらだらとつぶやいてきた文章のきれはしです。

―――――2015年―――――

(1/4)

2015年ですね。
今年もどうかよろしくお願いします。
2014年の早いこと早いこと。
あっという間に終わって呆然としております。

友人たちと年越しをした後に酔いつぶれたので
体調は万全ではありませんが、今年もなんとかやっていこうと思います。

道尾秀介氏の「向日葵の咲かない夏」を読みました。
賛否両論あると事前に聞いていたため身構えて読んでいましたが、
なかなかやられました。
明確に「頭のおかしい」描写のキャラクターがいること、
超常現象が起こり、それが受け入れられていること、
僅かな違和感が解きほぐされていく終盤はなかなか快感でした。
確かにこれは一部の人に嫌われる作品ではあると思います。
でも自分は割と好きです。

今年もたくさんの名作に巡り会えますように。
(主に古本なのが情けないですが)



(1/17)

気になる漫画をちょいちょい買っています。

「甘々と稲妻」は胸がキュンキュンする料理漫画です。
このタイトルの理由はよくわかりませんが、小鳥ちゃん可愛い。
3巻ラストはすごく泣けます。表情がすごくいい。
これからどうなっていくのか。楽しみです。

「つるつるとザラザラの間」は青春爬虫類漫画です。
さえない男子中学生が可愛い女子中学生に逆ナンされます。
甘酸っぱい関係がとても可愛いです。
あとモテない葵お姉ちゃんね。

あとは「めくりめくる」ですかね。
2巻までしか買えてなくて、続きが見つかりません。
穏やかーに日常が流れていく漫画というのはなんでこんなに
癒されるんでしょうね。自分の日常が穏やかでないからかな。

SS書く暇がなくて進みません。
あかんなー。



(1/25)

げんしけん17巻、終盤のハラハラ具合が最高。
笹原妹の攻めが光ります。素晴らしい。

僕だけがいない街5巻、終盤にさらなる展開が。
怪しい伏線がたくさん。
ここからどう繋がっていくのか。

「セリヌンティウスの舟」という小説を見つけ、
興味にかられて一気読みしました。
一言でいうと「精緻」な作品でした。
大げさなトリックもどんでん返しもなく。
恨みつらみも絶望もなく。
でも細やかな点を暴いていく登場人物、
引っかかりが明確にされては理由がつけられる様、
二律背反に悩まされる主人公、と、
ページをめくる手が止まりませんでした。

派手さのない美しいミステリでした。

今まで読んできた本の中で二つだけ、最後まで読めない本がありました。
一冊は主人公がすごくダメなやつで、テーマパークでバイトしながらも
愚痴ばかり言っていて、印象が悪くて読むのをやめてしまいました。
もう一つは4冊くらいで一つになっていて、とても長くて続きませんでした。
後者の方はいずれ読まないとなあ、と思っています。



(1/31)

SSに登場するキャラクターを考えるとき、特徴を一つ付けます。
「目が見えない」「天使である」「幽霊である」「神様である」
「大阪弁で喋る」「平凡である」「変態である」「記憶がない」
あとはまあ大体適当です。
髪が長いのか短いのか。背が高いのか低いのか。
髪は黒いのか金なのか。声は高いのか低いのか。
SSに関係なければ、無駄に描写するのはやめるようにしています。
と言いつつ蛇足がいっぱいあると言われれば反論できませんが。

地の文で長々と講釈を垂れたり、状況説明をすると、
「誰かに聞かせている」ように見えてきて、SSじゃなくて小説
じゃん、となりそうなので。もちろん誰かに説明している状況
なのであればそれでいいのですが。

「ロートレック荘事件」を本屋で見かけて思わず衝動買い。
読んでなかったんですよねえ。わくわく。と思いつつ一気読み。
一章と二章でがっつり伏線があったことで、大トリックに気付けました。
これは確かに当時衝撃だったでしょうね。
これもまた精緻な作品でした。



(2/8)

「さよならドビュッシー」に続いてゲットした「連続殺人鬼カエル男」
を読みました。凄惨な殺人現場の描写も確かにすごかったんですが、
最後に主人公が修羅場をくぐりまくるシーンが長くて痛くてキツかったです。
「もうその辺にしといたって」と何度も思いました。
内容は、普通に面白かったです。
上手にひっくり返してくれました。

なにか大きな事件が起きた時、「対応は正しかったのか」とみんなが
こぞって対応の批判をしますが、それが的外れなことも多少あります。
人質事件での「イスラム教批判」しかり。
なにかを発信するときには「専門家にとって的外れに過ぎない」のでは、
と振り返る余裕を持ちたいですね。

The SALOVERSが3月で活動休止と聞いて震えています。
残念すぎます。
RADIO CRAZYではどのバンドよりも輝いていたのに。
有名にならなくても凄く好きだったのに。

ビブリアシリーズを4巻まで読みました。
古書には詳しくないし、知らない本の話ばかりですが、
とても面白く読んでいます。残りも早く買って読みたい。



(2/21)

SSを保存してあるファイルを開く頻度が下がってきています。
早く完結させたい。
ベッドで想像したあのシーンを早く文字にしたい。
そう思いつつ日がどんどん過ぎていく。
いかんいかん。
妄想で済ましたらいかん。
カルマの坂のSSは、エンディングまで頭の中にあるので、
早く完成させて投下できるように頑張ります。

石持浅海さんという作家に出会い、好きになりました。
セリヌンティウスの舟、水の迷宮、月の扉。
どれも好みです。
次はどれを読もうか、楽しみです。

やればできる子、YDKのCMが好きです。
最後に河原で踊っている子が躍動感あって可愛い。

空想委員会にハマりつつあります。
八方塞がり美人がとても名曲。

地上波でやっていた「風立ちぬ」を初めて観ました。
風と空気の表現が素晴らしく、とても楽しめました。
菜穂子さんの「来て」と「生きて」が素晴らしい。



(3/5)

「役職ディストピアリ」と「サイケまたしても」を読みました。

役職箱庭は好きでずっと読んでいて、サイトが止まった時はとても
悲しかったのですが、単行本になるとまた嬉しいものですね。
死に方が変わっていたり、ちょこちょこ修正もされつつですが
変わらず面白いです。マーカーワードはさすがになかったです。

サイケは福地先生なので迷わず買ってみたんですが、いいですね。
一巻最後で「え!? そっち系に行くの!?」となりましたが、
これもまた一興。
うえきの法則が好きでした。
特に「たいしたことない能力」で頭使って戦っていくスタイル。

風邪ひきました。
今年は意外と元気で過ごせてるなーと思った矢先に。
この微妙に「休むほどではない」微熱とのどの痛み、だるさ。
頭痛がないだけまだマシですね。

はよ仕事に区切り付けてSS書きまくりたい。



(3/26)

夕焼けロケットペンシルの3巻がようやく見つかって読めました。
ぐっときました。
主人公が子どもだからこそ書けるものと書けないものがあって、
書きたいけど書けないことを書いたらあの結末になったのかな、と。
あと、とりあえず万引き少年が捕まって安心しました。

自分と同姓同名の人が犯罪者として捕まってたりすると微妙な
気持ちになりますよね。そんな経験少ないか。

yahooメールもyoutubeも、めっちゃ使いにくくなってしまいました。
要望需要があるのかもしれませんが、勘弁していただきたい。
「髪の毛切る前の方が好きだったのになあ」みたいな感じですね。

安心して読める石持浅海。読むのに勇気のいる道尾秀介。
気軽に読める蒼井上鷹。最近のお気に入りです。
石持浅海はロジック展開がとても好み。
道尾秀介は心臓がきゅっとなる怖さ。
蒼井上鷹は人間心理を切り取った短編が素敵。




(4/5)

前に友人に借りて少しだけ読んでいた少女ファイトを
5巻まで買ってみました。ヤバいハマる。
学が良キャラすぎます。出てくるみんなイイですね。
可及的速やかに全巻揃えたいと思います。

野球が開幕しましたね。阪神が割と好スタートを切った一方、
広島が沈んでいるのが気になります。
広島が優勝するには今年しかないと思ったのですが。
あとオリックスも沈んでますね。どこも大変。

よく作る料理のレパートリーに親子丼があるんですが、
最近にんにくとか微妙な(適当な)アレンジが増えてきて、
王道の作り方が分からなくなりました。

「浜村渚の計算ノート」という数学ミステリが気になります。
「珈琲店タレーランの事件簿」も気になります。
共に一巻が割と面白かったので、続きも読んでみたいですね。

四月は確か高木幸一氏の新刊が出るはずなので早めにゲットしたいです。
わくてか。



(4/11)

野球中継が地上波に全然なくて、見るテレビがありません。
なんのためにテレビ買ったのか!
BSとかいうやつを契約しないといかんのか!
辛い。

適当にテレビをつけていると、ナレーターの声が気になりました。
なんか「視聴者にわかりやすい喋り方」ではなくて、
「特徴を必死に出そうとしている喋り方」ばかりで。
お仕事掴むために、アイデンティティのために、なんですかね。
聞きにくいナレーションの多いこと多いこと。

「かえるの唄」が個人的にヒット。
なんかずっと頭の中でリピートしています。
童謡でなくてクリープハイプの曲です。
歌っているのはボーカルの人ではありませんが、かなりイイ。

Working犬組がコミック化らしいですね。
欲しい。



(4/29)

2ちゃんねる用語の読み方で議論しているスレッドをたまに見かけます。
「微レ存」は「びれぞん」なのか「びれそん」なのか、とか。
「URL」や「orz」はどう読むのか、とか。
でもそもそも読まないですよね。ていうか音読しないですよね。
目で読むだけなんだからどうでもいいじゃないか、と思ったのですが、
それを言う場所がなかったためとりあえずここに書いてみました。

「少女ファイト」が、もう面白すぎて全巻集めてしまいました。
AKB崩れのチーム出てきたけどそれも面白いと思えますし。
扇田樹里さんとナントカれおなさん好き。
まあ犬神キャプテンが一番好きなんですが。

ここ最近胃腸が絶不調でロクに食べれてなかったので、
GW前に治ったのは幸いでした。お酒飲みたい。
お肉食べたい。お寿司食べたい。

掃除のゴミ捨て当番をスマホゲームで決める学生のCMが気持ち悪くて残念です。
いやあ、ひどい世の中になっちゃった。



(5/5)

友人と最近見た映画の話をするのが楽しいのですが、
最近見たのだとゴジラくらいしかないのが辛い。
おススメされた映画を見たくなりつつ、雨で外出する気が起きないというジレンマ。

レンタル店のホラーコーナーが怖い。
この怖さはホラー嫌いにしかわからない。
なぜ血みどろのパッケージをこちらに向けるの!
なぜ白目剥いてるのがデフォルトなの!
背表紙だけにして!こっち見ないで!

なんか頭の中でぼんやりループしていた曲がなんだったか思い出せなくて、
youtubeを漁っていたら「アルドノア・ゼロ」のOPでした。
数話しかしっかり見てなかったんですが、評判がイマイチでした。
どうしようか。ちゃんと見るべきか。

こどもの日ですが子どもっぽいことなにもしなかった。
柏餅でも食べればよかったな。美味しいんですよね、あれ。
昨日きなこ餅食べたけどこどもの日関係ないか。ないですね。



(5/13)

ふとtwitterで米澤穂信氏の「さよなら妖精」の名を見かけました。
同じ趣味を持つ人って、いいですね。
買ったものの積んであったので、さっそく読みました。
その方が言うように、確かに青春でした。
異国の少女っていう設定は素敵ですね。
「んー、それは○○ですか?」といった感じの会話文が可愛くて可愛くて。
でも全体の雰囲気としては、救いはないけれど「ボトルネック」の方が
少しだけ好きです。なんか。

人から薦めてもらったものに抵抗はありません。
ゴリ押しされるとあれですが、割と手を出します。
お薦めされてハマったのは、例えばゲスの極み乙女。
(ドレスを脱げ、のあたりで既に推してる同僚がいました。感謝)
少女漫画「たいようのいえ」
ラブコメ「実は私は」
WEB漫画「痴漢男」「役職箱庭」
まだたくさんある気がしますが思い出せない。

中学時代に薦められて好きになれなかったのはJanne Da Arcと麻波25。
ジャンヌは高校生になって好きになれましたが、マッハは残念ながら合わず。
今聴いたら、もしかしたらいけるのかもしれません。
最近薦められているのは楡周平氏の「マリアプロジェクト」
あと「海町diary」というコミック。
早く手を出したい。



(5/31)

フレデリックの「オドループ」という曲が脳内ヘビロテ中です。
結構な日数、流れ続けてます。
出会ってからずっと、延々ループする曲ってありますよね。

Fear, and Loathing in Las Vegasの「Jump Around」
アーバンギャルドの「都会のアリス」
さよならポニーテールの「あの頃」
パスピエの「シネマ」
フジファブリックの「若者のすべて」
SEBASTIAN Xの「GO BACK TO MONSTER」
CHOCOLATE CHIP COOKIESの「明日の記憶」
GARNET CROWの「Last love song」

ふと頭の中を流れる曲。
実際に毎日youtubeやitunesで聴いていました。
まだまだありそうだけど、ぱっと思い出したものを書きました。

猫好きですが犬も好き。
飼い犬を亡くして結構経つので、犬をモフモフしたい欲が溜まってきました。
しっぽの付け根スリスリすると感じてて可愛い。
あー犬モフりたい。
できれば小型犬じゃなくて中型以上で。



(6/8)

海街diaryを3巻まで読みました。
やーこれは面白い。デフォルメな部分が女性作家って感じ。
人間模様と言うか、ちょっと人間の嫌な部分も書きつつ、
それでも日々人は進んでいくんだ、ってことが表現されている(気がする)。
映画化で夏帆さんがチカ役をやってるみたいですけどアフロじゃない。
ソバカス娘でもない。
普通に可愛い。

子どもの頃から野球好きの家で育ったので野球もパワプロも好きなんですが
なんかふとした好奇心で、アイドルのでんぱ組.incをサクセスで作ったら
思いのほか楽しかったです。顔作れるのは楽しいね。
ピンキーがやたら似てて可愛く作れました。

どんでん返しのミステリ小説が好きです。
そういう意味では「十角館の殺人」とか「葉桜の季節に~」とか大好きです。
「今はもうない」とか「さよならドビュッシー」とかも。
わかっちゃったけど「イニシエーション・ラブ」とか「ロートレック荘」とかも
楽しめました。
どんでん返しには二種類あるらしく、曰く「ミステリ部分にとって重要」か
「読者を騙すためのびっくり芸」か。後者には少し皮肉めいた分類ですが、
個人的にはどちらも好きです。
後者には「迷路館(?)の殺人」や「回廊亭殺人事件」なんかも思い出されます。

あと最近読んだ中で「これはバカミスと呼ばれる部類なのか?」と思いつつ、
まあまあ楽しめたのは「魔神館殺人事件」です。ラノベ風ではありますが、
なかなかいい雰囲気でした。
バカミスと括っては失礼かもしれませんが、「0の殺人」もいいですね。
また読み返してみたくなってきました。



(6/18)

数多く読んではいませんが、スポーツ漫画でベスト5を決めるとしたら、
まずはアイシールド21が思い浮かびます。
アメフトに興味を持ったきっかけでした。
必殺技の多くが現実にも実現可能な物っていうのもいいですね。
トンデモバトルものになってない。そして、阿含とかヒル魔とかマルコとか
葉柱とか桜庭とか素晴らしいキャラクターたち。

それからH2ですね。野球と恋愛が素敵にミックスした、あだち充最高傑作かと。
木根&小山内カップルも大好きです。木根完投試合とかもう最高。
タッチもクロスゲームもラフも好きですが、やっぱり入るのはこれ。

で、1/11ですね。サッカーは疎いのですが、これはとてもわかりやすく
かつドラマが熱くて大好きです。泣けます。前にも書いたような気がしますが
キラキラとセカンドキーパーの話が最強。

そして少女ファイト。もっと早く全巻揃えとくんだった! と後悔するほど
良い漫画です。バレーボールと少年少女の葛藤を描いています。
しかしまあ、初期の唯隆子の存在感は異常でした。ヒリヒリする存在。

ときて、さて5個目が思いつきません。
スポーツものでしっかり読み込んだものが少ないというのもあります。
ベタにSLAM DUNKかなとも思いましたが、あえてリアルということで。
「車いすバスケはスポーツか否か」
深い。

車で爆音で音楽鳴らすのは嫌いなんですけど、バイクでやる人もいますね。
もうほんと恥を晒してさらに迷惑をかけるのはやめてくれと言いたい。
気持ちが悪い。
でも大分昔に見た、「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」を
爆音で鳴らしてたバイクの人は、一周回って格好良かったかもしれません。



(6/30)

パンクロックと言われれば思いつくのはピストルズ、ハイスタ、ブルーハーツ。
スカパンクと言われればPOTSHOT、ムラマサ、ケムリ。
青春パンクと言われれば太陽族、マスミサイル、ガガガSP。

パンクポップという名前を付けるなら、それは後藤まりこ。
「POP」「都会のにおい」なんかはバラードと言えるし、
「エゾシカダンス」「愛って悲しいね」「ドーピングノイズノイズキッス」
とかは激しいパンクス。
「スナメリ」はポップス。
ああ、愛してる。

タレーランの二冊目がとてつもなくヒットしました。
いやあ、一冊目よりも断然良かったです。
螺旋状に繋がる謎、って感じでした。
後半のハラハラ感。
美星バリスタの鋭い追及。
狼狽するアオヤマ君。
是非このあたり、ドラマ化しないですかね。
見るのに。

「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」が評判良かったので買ってみました。
なかなか面白いですが、一巻はまだまだ序章って感じで、
これからどう転がっていくかに期待ですね。



(7/18)

どんどんお酒に弱くなります。
なんか歳を感じます。
傷の治りが遅いです。
よくわからない部位が不意に痛いです。

FFTを引っ張り出してきて再プレイ。
前のデータが残ってなかったので残念ながら最初からですが
とても楽しいです。銃が好きです。ガフガリオンしばくのが快感です。
アルガス嫌いです。戦技でメタメタにしてやります。

地名(フィールド名?)が格好良すぎますね。
ゴルゴラルダ処刑場とかゼイレキレの滝とかオーボンヌ修道院とか
ゲルミナス山岳とかドボルダル湿原とかベルベニア活火山とか。

ドラマ版デスノートが賛否両論だとか。
プロデューサーが炎上したとかミサミサが不評だとか
色々言われてますが視聴率はいいようで。
日曜夜で厳しい日もありますが、まあしばらく見てみようかなと思います。



(7/26)

駅前で小学校低学年くらいの男の子が「足を! 足を洗いたい!」
と母親の手を引いていました。
どんな闇の組織に属しているのでしょうか。

暑いし熱い。
汗かきなので暑いのが苦手です。
でもクーラーバリバリの部屋も苦手です。
川のあたりで自然と涼めるのが好きです。

岩原さんの絵が大好きなので、ディメンションW、DTBと来て、
いばらの王を買ってみました。BOOKOFFですが。
やっぱりこの絵は見やすい。映画で見たいなあ。
「コールドスリープで与えた暗示」のくだりがぶるっと来ました。

お祭りシーズンですがお祭りが苦手になってきました。
花火大会にゴミがあふれるのとか、騒ぐ子とか、人ごみとか。
コミュ障に拍車がかかってきております。ピンチ。



(8/19)

PCが一時イカれていて、ちょっと困っていたんですが、なんか直りました。
原因不明の故障も怖いけど、原因不明の復帰も怖いですね。
怖々使っていこうと思います。
キーボード入力できないのは大変でした。
久々にSS書きたい。
休み欲しい。

ドラマ版デスノート、7話まで一応ちゃんと見ています。
これはこれでありだな、と。
ヨツバのくだりが駆け足すぎて大丈夫か、と思いましたが……
三堂さんとか一瞬しか映ってないし。
火口が男前で、エロ親父感あんまりないし。
ミサとレムの再会もないし。
時計の仕掛けの説明もなかったし。
でも月君の「計画通り」は極悪な感じがして好きです。

なんか原作や映画とは変えていこうとする姿勢は見えるんですが、
原作や映画を見てないと理解できない作りになってませんか。
ドラマなんて久しぶりなので、こんなもんかもしれませんが。
理解力が足りないのかもしれません。すみません。
もちろん原作は大好きで全巻持ってます。
映画も三本とも観ました。

そういえば前に見たドラマって東京トイボックスですね。
その前遡ったらガリレオですかね。懐かしい。
そういえば金田一もちょっと見てましたね。
よく考えると、全部原作が好きなやつですね。



(9/5)

そういえば「すべてがFになる」も見ていましたね。
安っぽさはありましたが、原作を知っている身からすると
「ちゃんとここ再現されてるな」と感じる部分もあり、楽しめました。
完全にドラマから飛び込んだ作品はほとんどなかったかもしれませんね。

うちのトイレに住み着いていた7本足の蜘蛛「ナナちゃん」が消えました。
蜘蛛は他の害虫を食べたりしてくれると聞いているので、殺さないように
しているんですが、なんかいきなり消えると寂しいですね。

向井理の格好良さって、椎名桔平の格好良さに通じるところがあると
思うんですよね。もう少し歳を重ねたら渋い俳優になりそうです。
向井理はあんまり好きじゃないけど椎名桔平は好きです。

PCが瀕死の時に一回リフレッシュしたら、音楽データ消えると思ってた
のですが、iTunesのプレイリストごと残っててびっくりしました。

のんびーりしたいときに聴きたい曲。

あの頃 / さよならポニーテール
Last love song / GARNET CROW
最終電車 / パスピエ
ペペロンチーノ・キャンディ / 相対性理論
ひこうき雲 / 荒井由実
There will be love there -愛のある場所- / the brilliant green
Green a.live / YUI
入り鉄砲に出女 / タルトタタン
ORANGE RIUM / でんぱ組.inc
アマオト / Duca
青い栞 / Galileo Galilei
ホウキ雲 / RYTHEM
ツキヨミ / phatmans after school



(9/22)

ブラックジャックを大人買いしました。
学校の図書館でよく読んだ記憶があります。
小学生でも大人でも面白く読めるって素晴らしい才能です。
ブラックジャックが最後に優しさを見せる話もいいんですけど、
患者が不慮の事故で亡くなるなどして「ちくしょう!」って叫ぶ
タイプの話もなぜかとても好きです。不条理さというか。

あの花実写化でどうなることかと思いましたが、一緒に見る家族も
いないのでお茶の間が凍ることもなく、ぽっぽの顔がちょっと長くて
面白かったけど、ゆきあつがイケメンっぽくなくてちょっとあれだけど、
めんま可愛いからOKです。めんまが可愛いからすべてOKです。

最近のドラマを見ていて思ったのは、服が「衣装に見えてしまう」こと
への拒否反応が起こっているなあ、ということです。
デザインが奇抜とかそういうことではなくて、着慣れていない感が。
引きこもり気味のはずのじんたんのシャツが新品にしか見えない、とか。
スーツとか白衣とか仕事のための制服なら新品ぽくても違和感は
少ないですが、私服(普段着?)が衣装に見えてしまうってのは、ね。
そんなん言い出したらファンタジー物とか戦隊ものとかどうなるねんと
いう話ですが。それはそれ。

役者さんが着古したガチ私服で演技するドラマとか、見てみたいですね。

◆ドライブで聴きたいギター曲。

SKYLAB HURRICANE / STRAIGHTENER
コバルトブルー / THE BACK HORN
銀河鉄道の夜 / GOING STEADY
SAD GIRL / The SALOVERS
矛盾の上に咲く花 / MONGOL800
TATTOOあり / Number Girl
レコード(45rpm) / HIGHWAY61
スケアクロウ / the pillows
トワイライト / GOING UNDER GROUND



(9/28)

石持浅海の精緻なミステリ作品が好きです。
最近「君の望む死に方」を読みました。
帯にアオリで再読必至と書いてありましたが、どの辺が再読必至なのか
わからないまま読み終わりました。煽りミス?
でも面白かったです。展開にニヤニヤできるところが多くていいですね。
読者の期待を裏切らないというか。
「キター」みたいな。「碓氷さんこれやったわー」的な。
でも個人的に「扉は閉ざされたまま」の方が圧倒的に面白かったかな。

あとは色々積んであるのですが「獄門島」と「禁断の魔術」を
早く読みたいと思います。
あと「亜人(デミ)ちゃん」の新刊買わねば。
もう一個新刊買わねばと思ってたの、なんだっけかな。

阪神が例年通りの失速で、首位陥落から自力優勝消滅までの様式美。
やっぱり阪神優勝なんて夢物語やったんや!
巨人優勝よりはヤクルト優勝の方がマシやわ!

最近めっきり聴かなくなったのですが、昔はボカロも好きでした。
ハチっていう人が作ってた歌をよく聴いていました。
他にもありそうですがあんまり曲名を覚えていないので割愛。


◆好きだったボカロ曲

メリー
Mrs.Pumpkinの滑稽な夢
結ンデ開イテ羅刹ト骸
くるみ☆ぽんちお
ねえ聞いてよレモネード
方向音痴
ダブルラリアット
メルト
ロミオとシンデレラ
ワールドイズマイン
恋は戦争



(10/12)

「役職ディストピアリ」二巻を読みました。
これ、大好きです。
理不尽とか暴力とか絶望とか、どちらかと言うと嫌いな方なんですが、
なぜかこれはいけます。グロも苦手だけどこれはいけます。
元々のWEB漫画「役職箱庭」が好きでよく読んでいたので、
展開はある程度知っていますがそれでも楽しめました。

本を買って帰って読んだら、読んだことがある。
そういう経験は、本好きにはよくあることでしょう。
でも辛い。慣れない。

地元の小さな駅の前で「戦争! 反対!」と拡声器で叫ぶ声。
祭りの邪魔になるからやめていただきたい。
主張はまあ好きにしたらいいけれど、やり方の問題。

好きな人に好きと伝えることは大変ですね。
そして好きな人に好きじゃないと言われることも、また辛い。

失恋したときは音速ラインを聴きましょう。



(10/24)

東野圭吾の「禁断の魔術」を読みました。
ガリレオ史上最高という感じの帯でしたが、正直悪くないけど、
「聖女の救済」「容疑者Xの献身」の方がよっぽどいい小説でした。
聖女の救済はウミガメSSのネタに使おうかと思ったくらいです。

夢の中で、変な話を見ました。
ほとんどの人が眠っている世界。
コールドスリープではなく、布団に並んで寝返りを打ちながら。
眼は取り外され、みな義眼を嵌めている。
別の世界の映像を見ながら眠っている。

なぜか自分はその世界を歩き回れる。
幼少を過ごした懐かしい町、古い友人の家の表札、
小さな川、密集する家、荒いアスファルト。

老人が和室で義眼光らせて集団で眠っている姿は怖かったです。

知人に薦められて「マリア・プロジェクト」を読んでいます。
なかなか読み進められないけれど、頑張ってます。
ミステリとは色合いが違うけれど、割とワクワクします。

最近ステレオポニーが熱いです。
ビバラ・ビバラとかよく聴きます。
ガールズボーカル、好きです。
ありすぎて絞れないけど女性ボーカル曲、特に好きなやつ。

◆女性ボーカルの好きな曲(ロックな)

PPCC / BiS
明日の記憶 / CHOCOLATE CHIP COOKIES
GO BACK TO MONSTER / SEBASTIAN X
夢で逢えたら / ムラマサ☆
B.G.~Black Guitar+Berry Garden~ / 天野月子
Buzzstyle / 矢井田瞳
ビバラ・ビバラ / ステレオポニー
都会のアリス / アーバンギャルド



(11/3)

今年ここで呟いてたことを見返していたら、
石持浅海を読み始めたのって今年だったんですね。
石持ファン歴まだ一年いってなかったんですね。

米津玄師さんにはまりました。
音も面白いし歌詞も綺麗だしメロディが素敵。
「ベイビーベイビビアイオンチュー」とかすごい歌詞ですね。
ベイビビってなんだ。
アイオンチューってなんだ。
アイネクライネもとても好き。

携帯の漢字変換能力がひどすぎてストレスが溜まります。
関西弁はまあ仕方ないとして、つなぎの言葉が無理矢理な
漢字に変換され、意味不明な文章になります。
学習しなさい!


◆いつかSSに書きたいと思う音楽

アイネクライネ / 米津玄師
おやすみ泣き声、さよなら歌姫 / クリープハイプ
コバルトブルー / THE BACK HORN
最終電車 / パスピエ
蘇生 / Mr.children
すごい速さ / andymori
幸福論 / 椎名林檎



(11/18)

お酒は割と好きなんですが最近ハイネケンを買いました。
前に台湾に旅行したとき、ビールを頼むとだいたい
ハイネケンが出てきたので、また飲みたくなって。
なかなかいいお味。
水曜日の猫だとかいう変わったビールも美味しかったです。
高いけど。

ハチさんのCD借りたら知ってる曲が多くて嬉しかったん
ですが、新たに「Ghost Mansion」と「バウムクーヘン」が
気に入りました。なんか似てる。

今読んでる本が分厚くてしんどいので、休憩がてら
綾辻行人氏の十角館を読み直しています。
読みやすくていいですね。
オチ知ってるけど楽しめます。

「はがない」のコミカライズが好きです。
絵が好きです。
原作はなんか「難聴系主人公」とか色々ディスられてる
みたいですが、その辺いい感じに描いてもらえたら、と。
理科が可愛い。
屋上でヤバい表情してるとこもなんか可愛いです。


◆青春パンクス

ホタルの恋の歌 / 太陽族
卒業 / ガガガSP
夢追狂の詩 / STANCE PUNKS
もしも君が泣くならば / GOING STEADY
教科書 / ザ・マスミサイル
哀愁交差点 / ジャパハリネット
一期一会 / 3B LAB.☆
矛盾の上に咲く花 / MONGOL800

懐かしいなあ。
いっぱい聴いたなあ。



(12/6)

水曜日のカンパネラと言うアーティストが気になってて聴いて
なかったんですがこの間ようやく聴けました。
いやあ、いいですね。シャクシャイン。
いっぱいリピートして聴いてますがなかなか覚えられません。

綾辻行人氏の「十角館」「迷路館」「人形館」と立て続けに
読んでるんですが、「水車館」が見当たりません。
いつか読んだはずなんですけどねえ。売るはずないし。
楡周平氏の「マリア・プロジェクト」もようやく読み終わりました。
重厚なエンタメは自分の読書に珍しく、楽しめました。
最後、罰が当たっていれば嬉しいな、という読後感でした。

それから道尾秀介氏の「片眼の猿」も。
叙述トリックというよりも、錯覚ミステリという感じ。
やはり惹きつける文章を書きますね。

高木幸一氏のラノベが待ち遠しんですけど、
次は何を書いてくれるのかな、と。
情報がないのが怖い。

今日久しぶりのM-1ですね。
楽しみ。
贔屓は「磁石」ですが、いつも敗者復活で復活できない位置。



(12/20)

大東京トイボックスにモモ役で出てた足立梨花さんがテレビに
出ることが増えて、なんか嬉しいですね。

道尾秀介氏の「片眼の猿」の序盤に出てくる「なぜ犬は鼻が利くか」
の話をどっかのショートショートで読んだなあと思ってたんですが、
久しぶりに「ショートショートの広場」を読み返したら発見しました。
もろに「片眼の猿」の下敷きでした。
パクりとかじゃなかったですね。同じ人だったんですね。
ペンネームも「○○秀介」となってたので、若き日の道尾氏かと。
ちょっとすっきり。

とある方にお薦めされたバジルとオレガノを買ってきて料理してます。
スパイスが増えると、なんかちょっと「料理できる感」が出ますね。
ドライキーマカレー作ってみました。
旨い。

近所のラーメン屋とか食事できるところに行きたいとき、
営業時間とか定休日とかを調べるために検索すると、
大体ぐるなびとか食べログとかがヒットしますね。
口コミはあんまり読みません。
店員の態度がどうとか店の雰囲気がどうとかばかりで、
「味はどやねん!」てなるので。
個人的には冒険が苦手で、「これは美味しい」となるとずっとそれを
頼みます。でも食べずに嫌いになることはなく、食べたことないものは
とりあえず一回食べてみます。

勇気出して食べてみて、「あ、これあかん」ってなったのは、
ハリボーの黒いタイヤみたいなグミです。あとデスレイン。
ショートケーキ味のポテチはいけました。

―――――2015年終わり―――――
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モルフェ

Author:モルフェ
HAM ◆HAM/FeZ/c2(旧)
HAM ◆HAM.ElLAGo(new)
HAM ◆s.oWWpsiPk(仮)

SS保管庫です。
ここでのSSとは、主に既存のキャラを使わないショートストーリー、ショートショートのことです。
タイトルに歌詞を引用することが多いですが、歌の世界をそのままストーリーにしているという訳ではありません。

個人的なお話はこちら
tv_pops★yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード