コンテントヘッダー

少女「ホワイトデーには白いのが欲しいなっ」

参考曲:なし



 1 HAM ◆HAM/FeZ/c2  2014/03/13(木) 21:38:23 ID:z1J50EBg

男「白いのかぁ……ホワイトチョコ? ミルクチョコ?」

少女「濃い~ミルクが欲しいなっ」ニヤニヤ

少女「熱~いのがいいなっ」ニヤニヤ

男「ホットミルクは、おれ苦手なんだよなあ……白い膜張るのがちょっとなあ……」

少女「いやらしいミルク……」

男「あ、シチューとか?」

少女「カルピス……」

男「でもホワイトデーにシチューってのもなあ……」

少女「……」


 3 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 21:49:29 ID:z1J50EBg

男「ホワイトデーに白くて濃くて熱いいやらしいミルクなんかあげられるわけねえだろ」

少女「私が欲しがっても?」

男「だめだ」

男「あとなんかどさくさに紛れてカルピスとか言ったな」

少女「うん」

男「カルピスは美味しいな」

少女「うん」

男「ホットでも美味しいな」

少女「うん」

少女「お兄ちゃんホットカルピス飲ませて?」

男「自分で作れ」



 4 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 21:54:21 ID:z1J50EBg

……

男「あの耳年増をどうしたらいいだろうか」

友「……」

男「学校であんなこと言ってるとは思えないんだが、一体どこで知識を得るのやら」

友「……」

男「あ、もちろんおれが教えたとかじゃないぞ」

友「それはそうだろうな」

男「将来が心配だ」

友「ふん」



 5 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:02:11 ID:z1J50EBg

友「新しく家族ができるというのは、それだけで羨ましいよ」

男「……そうか」

友「おれにはきょうだいがいないからな、そういう悩みは分からない」

男「ああ、すまん」

友「聞いている分には微笑ましいぞ?」

男「それならいいんだけどなあ」

友「温かく見守ってやれ」

男「ああ、ありがとう」



 6 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:09:56 ID:z1J50EBg

男「で、バレンタインのお返しとか、どうしようか悩んでいるんだが」

友「……」

男「どんなものが喜ばれるかな」

男「もちろん下の方向はNGで」

友「……それをおれに聞くのか」

男「うん」

友「……無難にお菓子をあげるのではダメなのか」

男「それでもいいんだけど」

友「それじゃ足りない?」

男「足りないっつうか……」

友「もうちょっと変わったことをしてやりたい?」

男「ああ、そんな感じだ」



 7 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:11:51 ID:z1J50EBg

男「で、バレンタインのお返しとか、どうしようか悩んでいるんだが」

友「……」

男「どんなものが喜ばれるかな」

男「もちろん下の方向はNGで」

友「……それをおれに聞くのか」

男「うん」

友「……無難にお菓子をあげるのではダメなのか」

男「それでもいいんだけど」

友「それじゃ足りない?」

男「足りないっつうか……」

友「もうちょっと変わったことをしてやりたい?」

男「ああ、そんな感じだ」



 8 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:13:33 ID:z1J50EBg

友「どこかに連れて行ってあげるというのは?」

男「おお、そんな発想はなかったな」

友「子どもなりに、嬉しいと思うぞ」

男「普段行けないところとか、連れて行ってやるのもいいかもな」

友「ああ」



 9 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:21:25 ID:z1J50EBg

友「まあなんにせよ、お前の気持ち次第だよ」

男「おれの?」

友「世間体は気にせずに考えたら、お前はどう思ってるんだ?」

男「うーん……」

友「大事か?」

男「大事だ」

友「他に好きな子は?」

男「いない」

友「なら、シンプルに考えたらいい」

男「……やっぱ、お前に相談してよかった」

友「そうか」



 10 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:26:03 ID:z1J50EBg

男「お前、誰かにお返しあげるのか?」

友「ゼミの女の子に」

男「ああ、そっか、お前ももらったか」

友「……割と本気っぽい」

男「……そうか」

友「……」

男「付き合うのか?」

友「さあな」

男「お前は口下手だし、怒らせないように、な」

友「ふん、忠告どうも」



 11 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:32:14 ID:z1J50EBg

男「どこ連れてってやろうかなあ」

友「両親は、その日どうするんだ?」

男「ん? 聞いてないな」

友「新婚だし、気を遣ってやれよ」

男「……そうか……そういうことも考えてなかったな」

友「夫婦、水入らず」

男「おれが水?」

友「妹も含めて、水」



 12 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:38:13 ID:z1J50EBg

……

男「なあ親父、ホワイトデーは母さんになんかプレゼントするのか?」

父「……うん」

男「なに?」

父「……内緒だ」

男「教えてくれよ」

父「いやだよ、恥ずかしい」

男「母さんはなんて?」

父「……『あなたの白いので赤ちゃんが欲しい』とか言ってた」

男「……親子だなあ」



 13 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 22:50:37 ID:z1J50EBg

男「なんで結婚したんだ?」

父「ん……そりゃ新しい母さんのことが好きになったからだよ」

男「死んだ母さんのことは?」

父「もちろん好きだ」

男「どっちも好きなのか?」

父「どっちも好きだ」

男「……今も遺影に手を合わせるの、忘れないもんな」

男「どんな話してんだ? 死んだ母さんと」

父「今日はこんなことがあったよ、とか、野良猫が可愛かったよ、とか」

男「平和だねえ」



 14 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 23:25:20 ID:z1J50EBg

男「再婚したこと、母さんはどう思ってるかな」

男「あ、これは意地悪で言ってんじゃねえぞ?」

父「応援してくれたよ」

男「……そっか」

父「お前たちのことも、笑って見てるってさ」

男「……そっか」

父「おれもまあ、見守ることにするよ」

男「……ああ」



 15 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 23:31:54 ID:z1J50EBg

少女「なに? なに? お出かけってなに?」

男「内緒」

少女「え? え? どこに連れてってくれるの?」

男「内緒」

少女「えーずるい」

男「じゃあやめるか?」

少女「行く! 絶対行く!」

男「じゃあほれ、早く支度しろ」

少女「はいはい!!」



 16 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/13(木) 23:36:15 ID:z1J50EBg

少女「今日は勝負下着だよ!」

男「馬鹿野郎」

少女「一番可愛いやつ履いてきたよ!」

男「そんな報告はいらん」

少女「……確認してもいいよ?」

男「しないから」

少女「よーし! 出発!」ギュ

男「おし、行くか」



 19 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 21:29:39 ID:jazSovn.

ガタンゴトン ガタンゴトン

少女「ねえねえ、どこ行くの?」

男「まだ内緒」

少女「勝負下着の確認、早めに済ませとく?」チラッ

男「馬鹿、仕舞え」

少女「心配しなくてもお兄ちゃん以外には見せないよっ」

男「お兄ちゃんに見せるのは心配じゃないのか……」

少女「お兄ちゃんなら何の問題もないよっ」

男「そうか? いやダメだろ」



 20 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 21:41:24 ID:jazSovn.

……

少女「え、え、え、ここってもしかして……」

男「ほれ、案内板よく見てろよ」

少女「え、え、あの人たちも一緒の方向? あっち?」

男「ああ、休みだけど人は少なめで助かったな」

少女「でもたくさん集まってるよ?」

男「まあそりゃ、みんな好きだろ」

少女「……っ」ワクワク



 21 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 21:49:47 ID:jazSovn.

男「よし、着いたぞ、遊園地」

男「久しぶりだなあ、家族で行って以来か」

少女「~~~~」

男「ん、どうした?」

少女「~~~~」

男「お腹痛い?」

少女「感激して言葉が出ないの」

男「そりゃあよかった? ん? よかったのか?」

少女「めちゃくちゃよかったよ!!」



 22 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 21:54:20 ID:jazSovn.

少女「うおおー!! 乗るぞ! 遊ぶぞ! はしゃぐぞ!」ダダダッ

男「あ、馬鹿、慌てるな」

少女「きゃー」コケッ

男「あああ、もう、言わんこっちゃない」

少女「あはははー」

男「どうした、頭打ったか?」

少女「えへへへー」

男「元からか?」



 23 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 22:38:20 ID:jazSovn.

男「さ、どれ乗ろうか」

少女「んーとねー最初はねーあんま怖くないやつ!!」

男「地獄のコースターとかいうやつが最近できたおススメらしいぞ」

少女「あんま怖くないやつ!!」

男「ゾンビ屋敷も人気らしいぞ」

少女「あんま怖くないやつ!!」



 24 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 22:43:26 ID:jazSovn.

男「このコースターはあんまり怖くないってよ」

少女「……ほんと?」

男「心臓のお悪い方でも安心してご乗車ください、だって」

少女「……ほんとに大丈夫?」

男「お前心臓弱くないだろ、さ、乗ろうぜ」

少女「ううう……」ビクビク



 25 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 22:56:34 ID:jazSovn.

……

ゴォォォー
キャー

男「あっはっは、楽勝だっただろ?」

少女「怖くなかった! 大丈夫! もっとこい!」

男「じゃあ地獄のコースターを」

少女「あ、えっと、それはちょっと」ビクッ

男「天国のコースターにしとくか?」

少女「あ、それなら大丈夫そう?」



 26 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 22:59:19 ID:jazSovn.

……

ゴゴゴゴゴゴゴォー
ウギャー

男「おおう、足がふらつく」フラフラ

少女「……」ブルブル

男「天国行けた?」

少女「……」ブルブル

男「……」

少女「え、えくすたしー」ボソッ

男「おお、じゃあもう一度乗るか」

少女「うそですうそです! ごめんなさい!」



 27 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:06:22 ID:jazSovn.

男「じゃあ次、コーヒーカップで」

少女「私回す役する!」

男「あんまり激しく回すなよ?」

少女「激しく輪姦す? それっていったい……」

男「なんでそんな当て字知ってんだ!!」



 28 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:18:23 ID:jazSovn.

くるくるくる

少女「きゃー!」

男「うお、結構回るな、これ」

少女「あははは!」

くるくるくるくる

男「あーいかん、もっとゆっくりに……」

少女「激しく輪姦すよー!!」

くるくるくるくるくる

男「あー」



 29 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:24:19 ID:jazSovn.

少女「……」ズーン

男「酔ってんじゃん!!」

少女「激しく輪姦しすぎたよ……」

男「そ、そうか」

少女「激しく輪姦しすぎて腰が立たなくなったよ……」

男「そ、そうか」

少女「もっと早く、輪姦すのをやめておけば……」

男「コーヒーカップだよね!? コーヒーカップの話だよね!?」



 30 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:29:22 ID:jazSovn.

少女「ご飯食べたい」ケロリ

男「タフだな……」

少女「お昼、どうするの?」

男「どこかその辺で食べようか」

少女「屋台?」

男「屋台もあったな、そういえば」

少女「ふ、フランクフルト!!」

男「おう、何でも買ってやるぞー」



 31 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:34:46 ID:jazSovn.

少女「うふふふ、うふふふ」ニヤニヤ

男「おい、言っておくがそれは食べ物であって舐めるものではないからな」

少女「え?」チュパチュパ

男「しゃぶるものでもないから!!」

少女「んあ……」ペロペロ

男「やめなさいやめなさい恥ずかしい」

少女「そんなこと言って……恥ずかしいのは私の方だよう……」チュプチュプ

男「だったらやめろよ!!」



 32 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/14(金) 23:39:03 ID:jazSovn.

男「からあげ、ポテト、焼きそば、あとジュース」

少女「フルコースだね!!」

男「いや、そんな大層なものじゃないが」

少女「あ、アイスも食べたい!!」

男「おう、あとで食べようか」

少女「一緒に食べようね!!」

男「ん? そりゃそうだろ」

少女「じゃなくて、一つのを、一緒に」

男「ん?」



 35 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 19:32:04 ID:GReKvAhI

……

少女「……」ペロペロ

男「……」

少女「はい、あーん」

男「……ん」ペロッ

少女「うふふふ、間接キス……」ニヤニヤ

男「そういうのは心の声にしておこうね」

少女「ベロチュー……」ニヤニヤ

男「またいらん単語覚えて……」



 36 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 19:37:35 ID:GReKvAhI

少女「観覧車に乗りたいっ」

男「よし、食べたらそれ行こうか」

少女「うふふ」ペロペロ

男「あーいい天気だ」

少女「んむー」ペロペロ

男「食べたら眠くなるよなー」

少女「寝たらいたずらしちゃうよー」

男「……お、おう」

少女「なに? まんざらでもない感じ?」

男「逆!!」



 37 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 19:43:49 ID:GReKvAhI

カラカラカラ……

少女「高ーい!!」

男「おお、きれいだな」

少女「遠くまで見えるよー」

男「人がちっちゃいな」

少女「今なら……誰も見てないよ」ギュッ

男「……だから?」

少女「……んー」

男「馬鹿」グイ



 38 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 20:37:50 ID:GReKvAhI

少女「ロマンチックさがないなー」

男「普通に楽しめよ」

少女「楽しんでるよ?」

男「ふ・つ・う・に」

少女「普通に楽しいよ?」

男「普通は兄妹でチューしないの」

少女「じゃあ膝に乗る」ギュッ

男「……それは……まあ……普通か」



 39 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 20:44:48 ID:GReKvAhI

少女「あー堪能した!!」

男「そりゃあよかった」

少女「ありがとうっ」

男「ん」ポンポン

少女「これ、ホワイトデーだから?」

男「それもある」

少女「ん?」

男「親父と母さんさ、再婚してからあんまり二人の時間ってなかったろ」

少女「うん」

男「だからまあ、二人っきりにしてあげたってのもある」

少女「なるほどー」



 40 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 20:49:37 ID:GReKvAhI

男「さ、帰ろうか」

少女「うん!!」

少女「最高のホワイトデーだったよ!!」

男「いやいや、まだホワイトデーは終わってないから」

少女「え?」

男「家に着いて晩御飯食べたあとのお楽しみ」

少女「え? え?」ワクワク



 41 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:09:16 ID:GReKvAhI

……

男「まだ目開けるなよー」

少女「なに!? ナニをされちゃうの!?」

男「いやらしいことではない」

少女「とか言って? とか言っちゃって?」

男「断じていやらしいことではない」

少女「違うのか……」シュン

男「いいから早くこっちこい」

少女「ああん、見えないよー」

男「ほれ、こっちこっち」グイ



 42 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:15:54 ID:GReKvAhI

男「ほい、目開けていいぞ」

少女「……」パチッ

男「どうぞ召し上がれ」

少女「……!?」

少女「……?」

少女「これなに? すごい!」

男「チョコレートフォンデュというやつだ」

少女「聞いたことある!!」



 43 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:22:47 ID:GReKvAhI

男「ご要望にお応えしまして、ホワイトチョコで」

少女「え?」

男「白くて熱くて濃いミルク的なものだ」

少女「~~~~」パァァァ

男「『いやらしい』のは省略」

少女「すごい! すごい! ありがとう!」

男「さ、食べようぜ」

少女「うん♪」



 44 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:39:59 ID:GReKvAhI

男「イチゴ、バナナ、クッキー、マシュマロ、お好きなのをどうぞ」

少女「バナナが切ってある……」ズーン

男「いやらしさは省いたって言ったじゃん!!」

少女「白い液のかかったバナナをチュパチュパしたかった……」ズーン

男「それっぽいの今日もう見たから! 二回もいいから!」

少女「いつか来る日のためにいっぱい練習したいのに……」

男「し、しつこい!」



 45 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:46:50 ID:GReKvAhI

少女「わ、どろーんってしてる」

男「熱いから気を付けろよ」

少女「いただきまーす」ハムッ

男「おれも食ーべよ」

少女「お、お、お、おいしーい!! なにこれすごい!!」

男「んむ、なかなか」

少女「とろけるよーう」ハムハム

男「うまいな」



 46 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 22:58:35 ID:GReKvAhI

少女「はい、あーん」ニヤニヤ

男「お、おう」パクッ

少女「私にもー」アーン

男「はいはい、あーん」

少女「んむ……あふれちゃうよう」コプッ

男「~~~~」ムラッ

少女「やーん、垂れちゃう」ドロッ



 47 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 23:02:35 ID:GReKvAhI

少女「どう? 今の表情」ニヤニヤ

男「……将来が心配です」

少女「うまかった?」

男「他所でしないこと」

少女「はーい、もちろん」ニコッ

男「ほれ、もっと食べな」

少女「うんっ」



 48 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 23:09:05 ID:GReKvAhI

少女「どう? 今の表情」ニヤニヤ

男「……将来が心配です」

少女「うまかった?」

男「他所でしないこと」

少女「はーい、もちろん」ニコッ

男「ほれ、もっと食べな」

少女「うんっ」



 49 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 23:10:07 ID:GReKvAhI

男「あとこれ」

少女「?」

男「開けてみ」

少女「なにこれ?」ガサゴソ

少女「え!? 指輪!?」

男「おもちゃだけどな」

少女「……結婚!?」

男「は、まだ無理として」

少女「婚約!?」

男「そんな大層なものではないが」



 50 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 23:18:20 ID:GReKvAhI

男「他に好きな男子ができたら、返してくれたらいいから」

少女「……絶対返さない!!」

男「あと他所では着けないで大事に持ってくれてたらいいから」

少女「……大事にするっ」

男「と、いうわけで、はい、ホワイトデーおしまいっ」

少女「どうしてこんなに?」

少女「や、もちろん超嬉しかったのですが」

男「……三倍返し?」

少女「三倍どころの騒ぎじゃないよっ!!」



 51 以下、名無しが深夜にお送りします  2014/03/15(土) 23:25:09 ID:GReKvAhI

少女「えへへー」ニヤニヤ

男「あの、それ、ほんと安物のおもちゃだからね」

少女「いいのいいのーお兄ちゃんにもらった指輪だからそれでいいのー」ニヤニヤ

少女「今度学校で自慢しよー」

男「だめ!! それはだめ!!」

少女「じゃあ、もう少し大人になったら……」

男「ん?」

少女「ほんとの婚約指輪が欲しいなっ」

男「ん」


★おしまい★



 53 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2014/03/16(日) 00:21:28 ID:7xEgEt36

乙乙



 54 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2014/03/16(日) 01:03:06 ID:TsX4oYdc


いいものを書きよる



 55 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2014/03/16(日) 05:13:54 ID:fwM52QUI

乙!!
あざといのにくどくなく可愛い
ちょうどいいバランス


スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このシリーズ好きです( ´ ▽ ` )ノまた続き期待してます!
プロフィール

モルフェ

Author:モルフェ
HAM ◆HAM/FeZ/c2(旧)
HAM ◆HAM.ElLAGo(new)
HAM ◆s.oWWpsiPk(仮)

SS保管庫です。
ここでのSSとは、主に既存のキャラを使わないショートストーリー、ショートショートのことです。
タイトルに歌詞を引用することが多いですが、歌の世界をそのままストーリーにしているという訳ではありません。

個人的なお話はこちら
tv_pops★yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード