コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

女「ずっと明かりの消えた街で」

参考曲:明日の記憶/CHOCOLATE CHIP COOKIES



 1 HAM ◆HAM/FeZ/c2  2012/12/30(日) 12:39:58 ID:UiaHaZ4Y

男「お姉さん、こんなところでなにしてんの」

女「……」

男「ん?」

女「……」

男「あ、御免、別に怪しい者じゃないよ」

男「ね、ギターの練習してるの?」

女「……」コク

男「ちょっと聴いてみたいな」

女「……」コク


 2 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 12:49:32 ID:UiaHaZ4Y

~♪~

男「んん、いい音」

女「……」

男「うまいね」

男「あ、僕、別にギター詳しいわけじゃないけどね」

女「……」

男「……」

女「……」

ジャン

男「すごい」パチパチ

女「……うん」コク



 3 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:02:06 ID:UiaHaZ4Y

男「それ、お姉さんのオリジナル?」

女「……」コク

男「へえ、すごいな」

男「他にも、曲ある?」

女「……」コク

男「聴かせて聴かせて」

女「……ん」コク

~♪~



 5 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:10:39 ID:UiaHaZ4Y

ジャン

男「はあ……ありがとう」

男「ちょっとね、気分が悪かったんだけど、お姉さんのギター聴いて気分が良くなったよ」

女「……そう」

男「あの、僕と話すの、嫌だった?」

女「……ん」フルフル

男「そ、そっか」

男「なんか、あんまり喋ってくれないからさ、無理させてたら悪いな、と思って」

女「……」フルフル



 6 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:16:47 ID:UiaHaZ4Y

男「歌ったり、しないの?」

女「……」コク

男「どうして?」

女「……」

男「あ、えっと、あんまり突っ込んだ話はしない方がいいかな」

女「……」

女「自分の声が、嫌いだから」

男「……ふうん」



 7 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:30:02 ID:UiaHaZ4Y

女「低くて、醜い声」

男「そうかな、別にそうは思わないけど」

女「私は嫌い、この声」

男「……そっか」

男「それで、あんまり喋ってくれなかったんだね」

女「……」コク

男「でも僕、お姉さんの声、別に変だと思わないけどなあ」

女「……」



 8 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:37:20 ID:UiaHaZ4Y

男「だから、歌うのも嫌いなんだ」

女「……歌うのは好き」

男「?」

女「歌が好きで、好きで、ずっと歌ってたの」

女「それこそ毎日、声がかれるまで」

男「……」

女「そうしたら、いつのまにか、こんな声になってたの」

男「かれちゃったんだ、声が」

女「そう、もう一生分出しちゃったの」



 9 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 13:46:48 ID:UiaHaZ4Y

男「ハスキーボイスって、言われない?」

女「言われる」

男「いいじゃない、ハスキーボイス」

女「私にとっては、悪口よ、それ」

男「……そっか」

女「だから、あまり声を出さないようにしてるの」

男「学校とか?」

女「学校とか」



 10 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 14:02:25 ID:UiaHaZ4Y

男「大学生?」

女「うん」

男「音楽サークルとか」

女「入ってない」

男「どうして?」

女「バンドをしたいわけじゃないし」

女「好きにギターが弾けたら、それでいいの」

男「……ふうん」

女「あんたは?」

女「こんな時間にフラフラしててもいいの?」

男「それはお互いさま」



 11 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 14:13:10 ID:UiaHaZ4Y

女「私は一人暮らしだから」

男「そう」

男「両親は心配しないの?」

女「両親はもういないの」

男「あ、そうなんだ、御免」

女「いつも、謝られるのよね」

女「こういうときに謝るのって、なんか違うと思うんだよね」



 13 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 14:20:54 ID:UiaHaZ4Y

男「じゃあ、そりゃあ、大変だね」

女「学費も生活費も、伯父さんが出してくれてるから、大変じゃないわ」

男「そっか」

男「じゃあ、いい身分だね」

女「皮肉になったわよ」

男「御免、失敗した」



 14 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:07:13 ID:UiaHaZ4Y

女「卒業したら、ちゃんと働いて返すわ」

男「偉いね」

女「当然のことでしょう」

男「そういう当然のことをできる人が、減ってるからね」

女「……そ」

男「偉いよ」

女「……そ」



 15 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:13:12 ID:UiaHaZ4Y

男「でもやっぱり、夜中に女の子一人は危ないよ」

女「そうね、変な男の人が話しかけたりしてくるかも」

男「それ、僕のこと?」

女「くふふ」

男「ひどいな」

女「くふふ」

男「ははは、笑い声、素敵だね」

女「っ」



 16 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:19:52 ID:UiaHaZ4Y

女「……」

男「あ、御免、気に障ったかな」

女「別に、声のことは言われ慣れてるし」

男「……」

女「ね、煙草持ってる?」

男「ん」ゴソゴソ

女「一本頂戴」

男「……はい」

女「ありがと」シュボ

男「……」



 17 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:25:32 ID:UiaHaZ4Y

女「なに、煙草吸って悪い?」

男「いや、別に」

女「そんなことだから声がガラガラになるんだ、って?」

男「言ってないよ」

女「思ってる顔してるよ」

男「ん……」

女「どうせ声は戻らないし、いいんだ」

女「ギターが弾ければそれでいいし」



 18 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:30:29 ID:UiaHaZ4Y

男「ほんとは歌いたいんじゃないの?」

女「……」

男「歌うの、好きなんでしょ?」

女「好きだよ」

女「でも、この声で歌ったって、滑稽なだけだもん」

男「そんなことないよ」

男「聴かせてほしいな」

女「やだ」

男「そこをなんとか」

女「やだ」



 19 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:40:01 ID:UiaHaZ4Y

男「ね、君の声、いつかれちゃったの?」

女「……」

女「一年前くらい」

男「そっか」

女「うん」

男「どう思った?」

女「私は音楽の神様に、嫌われたんだなあって」

男「絶望した?」

女「自分に失望しちゃった」



 20 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:48:46 ID:UiaHaZ4Y

男「声が元に戻ったら、歌いたい?」

女「そりゃあ、もちろん」

女「歌うことが、なにより好きだったんだから」

男「……」

男「じゃあさ、目をつぶって」

女「へ?」

男「いいから」

女「よ、よくないよ」

男「いいから」

女「よ、よくないよう」



 21 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 15:58:30 ID:UiaHaZ4Y

男「痛くないから、ね」

女「な、なに!? なにをされるの!?」

男「じゃあもう、目をつぶらなくていいから、のど、見せて」ピト

女「ひゃああ」

男「ん、こりゃあ治らない」スリスリ

女「んんん」

男「時間が前に進めば、の話だけど」スリスリ

女「んんんん」



 22 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/30(日) 16:10:57 ID:UiaHaZ4Y

男「はい、もういいよ」パッ

女「……」ドキドキ

男「御免ごめん、驚かせちゃったね」

男「もう、大丈夫だよ」

女「なにがもう大丈夫よ、いきなり人ののど触ったりして……」

女「っ!!」

男「……」

女「声が……戻ってる……

男「うん、綺麗な声だね」



 30 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 12:23:34 ID:y/tP8QGw

女「え、なんで? なんで?」

男「ははは」

女「え、なに、魔法? 貴方魔法使い?」

男「ははは、どうかな」

女「医者?」

男「魔法使いのあとに医者が来るとは……驚きだね」

女「神様?」

男「うん、それが一番近いね」



 31 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 12:33:03 ID:y/tP8QGw

女「え? 夢? 夢を見ているの?」

女「気付いたらベッドで毛布をかぶって寝ているの?」

男「夢じゃないよ、現実だよ」

男「僕にとっても、君にとっても」

女「……」

女「あ、あの、ありがとう」

男「ん、お安い御用だよ」



 33 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 12:42:19 ID:y/tP8QGw

女「どうして?」

男「ん?」

女「どうして、こんなこと、してくれたの?」

男「だって、君の歌が聴きたかったから」

女「……そんな理由で」

男「僕、音楽が好きなんだ」

男「素敵な音楽が聴けなくなるのは、寂しいでしょ」

女「そ、そりゃあそうだけどさ」



 34 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 12:47:42 ID:y/tP8QGw

女「でも私みたいな素人の声を……」

男「もう、いいからいいから、歌ってよ」

女「……」

男「僕は君の歌が聴きたくて、やったんだから」

男「その声なら、歌ってくれるんでしょう?」

女「……うん」

男「楽しみだ」



 35 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 12:56:06 ID:y/tP8QGw

~♪~

女「……ふぅ」

男「すごい、素敵な歌だね」パチパチ

女「ん、ありがとう」

男「ずっと、歌を作っていたの?」

女「うん、歌を作っているのは、楽しいから」

男「声がかれちゃってても?」

女「うん、誰にも聴かせなかったから、平気だった」

男「じゃあ、僕が最初のリスナーだね」

女「リスナーって」

女「ラジオじゃないのよ」

男「ははは、言葉、変だったかな」



 36 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:03:55 ID:y/tP8QGw

女「ね、あんた、どこから来たの?」

男「ん?」

女「普通の人間じゃないみたいだけど、さ」

女「魔法使いでも医者でもなんでもいいんだけど、さ」

男「……」

女「どこから来たのかなって」

男「……」

女「それくらいなら、教えてくれないかなって」

男「明日から、来たんだ

女「え?」



 37 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:11:22 ID:y/tP8QGw

男「僕は明日から来た」

女「……」

女「未来人ってこと?」

男「いや、ちょっと違うんだけどさ」

男「僕が未来から来たってこと、信じる?」

女「ん、うん」

女「なんか、ただの人間じゃない雰囲気は感じてるよ」

女「でも、未来人がなぜ私の声を治せたのか、よくわからないんだけど」

男「治したんじゃない、時間を戻しただけだよ」

女「時間を?」

男「ああ」



 38 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:16:49 ID:y/tP8QGw

女「私ののどがかれる前に、戻したってこと?」

男「そういうこと」

男「だから、いずれまた、その声はかれてしまう」

女「……」

女「そっか」

男「御免ね、万能じゃなくて」

女「いいの、十分よ」



 39 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:23:06 ID:y/tP8QGw

女「時間を戻して、明日から今日に来たってこと?」

男「そう、そういうこと」

女「どうして?」

男「ん……」

女「今日に、なにか、やり残したことがあるの?」

男「ん……そうだね、そうかもしれないね」

女「なによ、歯切れの悪い答えね」

男「うん、説明が難しくて」

男「というか、君に本当の話をしてもいいものかって、思って」

女「ふうん」



 40 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:32:28 ID:y/tP8QGw

女「決して過去の人間に、未来人だということがバレてはいけない」

男「そんなルールはないんだけどさ」

女「ま、もう破っちゃってるしね」

男「はは、そうだね」

女「じゃあ、過去の人間に未来を教えてはいけない」

男「そういうわけでも、ないかな」

女「よくわかんないな」



 41 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:41:04 ID:y/tP8QGw

女「明日はどうなっているの?」

男「そう、それ」

男「それを、どう説明したらいいだろうか」

女「明日が重要なのね」

女「明日……明日……なにかあったかしら」

女「祝日でもないし、特別なことも、なかった気がするなあ」

男「この街に関わることなんだけど、ね」

女「へえ」

女「なにが起こるの?」

男「……」

女「……え? え?」



 42 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:46:59 ID:y/tP8QGw

女「もしかして、すごく不幸な話かしら」

男「……」

女「ねえ、明日、この街は正常に動いているの?」

男「……」

女「私は!! 私は生きてる!?」

男「……」

女「ねえ、私は、生きてるの!?」

男「……」

女「死んで……るの?」

男「……うん、おそらく、ね」

女「そんな……」



 43 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:52:54 ID:y/tP8QGw

男「この街は……明日……なくなるんだ

女「嘘……」

男「うん、信じてもらえないと思うけど、さ」

女「……」

男「だから、最後に君の歌を聴きたいな、と思って、来たんだ」

女「最後に……私の歌を?」

男「うん、君のギターの音、僕は知っていたから」

女「……」

男「ずっと、聴いていたから」



 44 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 13:56:36 ID:y/tP8QGw

女「そんなことのために、戻ってきたんだ」

男「戻ってきたというか、戻したというか」

女「どう違うの?」

男「んっと、なんかね、人間が考え出したタイムパラドックスとか平行世界とか、あるでしょ」

女「わかんない」

男「んん、つまり、ここで僕らが出会った未来と、出会わなかった未来と、どちらも存在するっていう考え方とか」

女「ああ、はいはい」

男「それはね、ないの」

女「は?」

男「僕だけなんだ、未来を変えられるのは」



 45 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 14:01:30 ID:y/tP8QGw

女「やっぱ神様なんじゃん」

男「ま、そうかな」

女「神様って普通の男の子の姿なのね」

男「今日は、ね」

女「いつもは違うの?」

男「女の子のときもあれば、猫のときもあるよ」

女「あら、可愛い」

女「猫で来てほしかったなあ」

男「それ、最初に言ってほしかったにゃあ」

女「む、可愛くない」

男「ははは」



 46 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 14:07:42 ID:y/tP8QGw

女「明日、街が無くなるって、具体的にはどうなるの?」

男「大きな地震が、この街を襲うんだ」

女「……そう」

男「誰も予期していなかった、大きな大きな地震」

女「それで、街は……」

男「ああ、もう、明かりが灯らなくなるんだ」

女「ひどい……」

男「そうだね」

女「それは、止められないの?」

男「天災を無理に止めると、どうしてもどこかで不具合が出るんだ」

女「そう……」



 47 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 14:16:01 ID:y/tP8QGw

男「明日止めても、例えば火山が噴火したり、別の場所に地震が起きたり」

男「あるときは隕石が降ってきたこともあったよ」

女「そう……」

男「だから、天災は、もう、僕の手には負えないって諦めていた」

女「どうしようも、ないんだね」

男「御免ね」

女「ううん、一日だけ、声を戻してくれただけで、十分よ」



 48 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 14:25:46 ID:y/tP8QGw

男「君の声は、まだ当分、かれないよ」

女「え?」

男「半年、それくらいは歌えるよ」

女「そう……」

男「嬉しそうじゃないね」

女「……」

女「私、歌うのも好きだけど、この街も好きなの」

男「……」

女「やっぱ、悲しいな」



 49 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 14:30:29 ID:y/tP8QGw

女「明日、どうしようかな」

女「逃げ出しちゃおうか」

女「それとも、運命を知ってもなお、この街に残ってともに死ぬ?」

男「……」

女「どうしたら、いいかな」

男「歌を」

女「え?」

男「歌を、歌ってよ」

女「……今?」

男「いやこれからも」

女「……」



 53 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 16:21:21 ID:y/tP8QGw

男「君のその声、ずっと聴いていたいな」

女「……」

男「だから、僕は明日から来たわけだし」

女「……」

男「はは、僕にこれ以上言えることはないかな」

男「あとは君が決めて、ね」

女「……うん」

男「地震の時間も、教えておこうか?」

女「……いい」

男「そっか」



 54 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 16:29:32 ID:y/tP8QGw

女「ねえ、この街で、壊れずに残る場所はないの?」

男「……」

女「少しでも、そこにみんなを避難させたり、さ」

男「できないよ」

女「……」

男「そんなことをして、誰かが信じる?」

男「君だって、半信半疑だろう?」

男「のどが治ったのは偶然で、明日の話は僕の大嘘かも知れない」

女「……そんな」



 55 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 16:41:42 ID:y/tP8QGw

男「この街に残るのは、やめた方がいい」

男「生きたいのなら」

女「……うん」

男「明日は生きて、思いっきり泣いて、そして歌を」

女「……歌えるかな」

男「歌えるさ、君なら」

女「半年だけ、ね」

男「煙草をやめれば少しは伸びるよ」

女「くふふ、そうね」



 56 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 16:47:04 ID:y/tP8QGw

……

男「……」

女「……」

男「静か、だね」

女「うん」

男「もう行かなきゃ」

女「そう、お別れね」

男「最後に、もう一度歌が聴きたいな」

女「……うん」コク

男「最初のやつが、いいな」

女「……うん」コク



 57 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 16:53:01 ID:y/tP8QGw

~♪~

男「ありがとう」

女「……」

男「明日も、歌ってね」

女「……」

男「きっと、だよ」

女「……うん」コク

男「じゃあ、おやすみ、さよなら」

女「……さよなら」



 59 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 17:25:01 ID:y/tP8QGw

―とある喫茶店―

「ご注文はお決まりでしょうか?」

「えーっと、ケーキセットにミルクティーを」

「私、プリンパフェに珈琲」

「かしこまりました」

……

「でさー」

「うふふ」

「信じられないんだけどー」

「ねー」



 60 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 17:29:42 ID:y/tP8QGw

~♪~

「あ、この曲」

「あ、知ってる」

「震災復興ソング、だよね、これ」

「そうそう、誰が歌ってるか一切不明、ってやつでしょ」

「気になるよねえ」

「しかも売り上げの99%を復興支援に寄付したって噂だよ」

「あとの1%は?」

「そりゃ、まあ、生活費じゃない?」

「そっか、だよねえ」

「多分ね」



 61 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 17:36:29 ID:y/tP8QGw

~♪~

『発売から10ヶ月、今もなおこの曲へのリクエストは続いています』

『この曲は、売り上げの99%が復興支援として使われていることで有名ですが』

「あ、ほらほら、やっぱり」

「すごいよねえ」

『震災から、明日でちょうど一年となります』

「もう、そんなに経つのかあ」

「実感、ないよねえ」

『本日、そのアーティストAからのメッセージが届いているので読みあげます』

「へえ」



 62 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 17:43:01 ID:y/tP8QGw

~♪~

『私の曲を聴いてくださっているみなさん、こんにちは』

『いつもありがとうございます』

『一年前のあの日、私の街が壊されてしまいました』

『悔しくて、でも自分にはどうすることもできなくて、ずっと泣いていました』

『私にできることは、歌うことしかない』

『そんな偉そうなことを言える立場でもない、ただの素人であった私は』

『ずっと明かりの消えた街で、途方に暮れていました』

『でも、歌を、私の歌を聴きたいと願ってくれた人がいること』

『そのことが、私の心を折らないでくれたのです』

『震災が起こる前にハンディカメラで撮った映像をがあったので、それをPVにして』

『必死に作ったこの曲が、今も皆さんのもとへ届いていること、嬉しく思います』



 63 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 17:49:26 ID:y/tP8QGw

~♪~

『今も復興は終わっていない、それを伝えたくてメッセージを送りました』

『私はずっと、明かりの消えた街で歌い続けます』

『これからも、ずっと』



「はぁ~すごいね」

「募金、してこよかな」

「はは、あんたが?」

「いいじゃん、気持ちだよ、気持ち」

「じゃ、じゃああたしも、しよっかな」


女「……」

女「……くふふ」


★おしまい★



 64 HAM ◆HAM/FeZ/c2  2012/12/31(月) 18:01:39 ID:y/tP8QGw

ありがとうございました。

このSSのイメージには当然東北大震災があります。
実際に震災の被害に遭われた方の中には、これを読んで不快に感じる方もいるでしょう。
もしそういう方がいたら、済みません。


それでは、よいお年を



 65 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 18:15:11 ID:pqp/AbyY

おつでした。けどやっぱり、
人間の描写が薄いというか、かなり雑に感じます。SSという媒体の限界かもしれないけれど。

女の、声がガラガラになる前後での葛藤とか、声が戻った時の喜びや、女と音楽や街との関わり方とか、
人の感情や営みを書き込まず、うわべの設定だけ配置して はい終わり じゃ
こういうテーマなのに、結局、人間や人生の価値は生まれ持った才能や
生まれた地域といった、設定だけで決まるという皮肉を際立たせてる様に思えて、なんだかしんどいです。

物語と同じ様に、建物や道路の外見はきれいでも、そこに人間が住んでて人間らしく生きてなきゃ街じゃないと思います。

一人の被災者より



 66 以下、名無しが深夜にお送りします  2012/12/31(月) 18:22:14 ID:pqp/AbyY

特に男と女の台詞
「天災が仕方ない」で済まされたのが悲しかったです。
物理的に現実的には確かに仕方ない事なんですけど、当事者としては
外にいる人たちからは、そういう風に他人事に、簡単に割り切られて見られているのが、寂しいし怖かったですね。

男が時間を巻き戻せるなら、自分が女だとすれば死に物狂いで動きます。故郷とか家族友人が消えるのは、仕方ないでは絶対に割り切れませんから。

「嫌なら見なくてもいいだろう空気読め」と言われるかも知れませんが、
こういう風に読めちゃった人間も居る、となんとか伝えたいので書き込ませていただきました。

上手に言えなかったかもしれません。長文失礼しました。



 67 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2012/12/31(月) 18:34:58 ID:y/tP8QGw

レスありがとうございます

自分は阪神大震災を身近で経験しました

震災をなかったことにできるストーリーも考えましたが、
それはあまりにファンタジーすぎるし、それこそ震災を
軽々しく扱いすぎではないかと考えこうなりました

そして震災を遠くのものと感じている象徴として、喫茶店での女性二人の会話を書きました

あなたの言いたいこと、すごくよくわかります
胸が苦しくなりました、すみません



 68 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2012/12/31(月) 18:38:51 ID:Jg828iOk

乙乙
雰囲気がすごく好きだった、よかったよ

俺は別に描写が雑だったとは思わなかったな
下手に付け加えたらくどくなりそうだし、雰囲気も崩れそう

天災が仕方ないで済まされたのも、言いたいことはわからんでもないが
現実的に行くならこうなるのが自然じゃないかな
もし仮に去年の3月10日以前に「もうすぐ大地震が来ますよ、避難してください」なんて
根拠もなく言われたって、>>65だって信じ切れるわけないだろう

結局被害を免れることはできなかった
でもその代わりに、地震の起きた後は死に物狂いで女は動いてる
そこに意味があるんじゃないかな

臭いし綺麗事ばっかりで非常に申し訳ないけど、俺はそう思いましたまる



 69 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2012/12/31(月) 18:58:15 ID:EwdJnhL2

仕方ないものは仕方なくね



 70  ◆Ulk/G4eY/o  2012/12/31(月) 19:26:34 ID:012RRsdA

乙でした。

>>68
ナイーブな話題を題材にするなら風波立っちゃう覚悟がいる
割り切れないんだよ、身近な人の死は。
>>47の設定なら、俺は身近な人が死ぬより、遠くの他人に死んでもらうのを望む

あと、
例えば男と男の能力が時間操作じゃなく、
未来予知と人体回復ができる天使とかで
「明日、町が壊れてたくさんの人間が死ぬ」
「時間は戻せないし明日の出来事は変えられない」
「けど。君は生きて、君の歌声でこの日の歌を響かせて」
なら丸く収まった……かも。

厳しいこと言うけど
このSSは題材優先で、構想の練りこみが甘かった風に見える
歌についても~♪~だけなのは、正直「う~ん、そうね?」
と思っちゃった。
女の音楽や街への思い入れも、もう少しなんとか……

でも震災のことが人の頭の中から忘れちゃう、
なかったことになっちゃうのがきっと一番よくない。

みんなに思い出させるという意味では、このSS書いた意味はあると思います。
GJ!!!



自分でも不適切で相応しくないと感じた部分があるので、台詞を一部変更しました。

47

女「仕方ないよね」

女「どうしようも、ないんだね」
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

一応天災を無かった事にできるくらいの能力はあるみたいだから、喉を治したように、震災が起きた後に被害にあった場所だけ一日前の状態に戻せば震災はあったけれども被害はない、みたいなシュタゲの様なことができるんじゃねとか考えた。逆に震源地だけ未来に進めるとか。

そういう趣旨のSSじゃないってのは分かってるけどこういう風に考えるの好きなんで書き込んじゃいました。

面白かったです。
強いて言えば、仕方がないじゃなくどうしようもないの方がニュアンスは柔らかくなるのかなぁとか思ったり。言ってることは同じだけど…

No title

一番に復興支援をしてた自分は、あの街を思い出して泣けました。
この女の子みたいに、毎日生きることに葛藤している人があの街にもたくさんいたはずで、それが一瞬で失ってしまったことを、あの時はインパクトの強い悲惨な光景にそれに気付きもせずにいて、今更ながらこのSSで気付いて、震災以来初めて号泣しました。(わざと考えないようにしてたのかも?)

話が変わりますが、あなたのSSの空気感が大好きです!
いつも読みながら思い浮かんでくる光景は、初めてなのにどこか懐かしい感じがして、ずっと読んでいたくなります。
もっと読ませていただきたいです。どんどん新しいSSに期待してます!

> 一応天災を無かった事にできるくらいの能力はあるみたいだから、喉を治したように、震災が起きた後に被害にあった場所だけ一日前の状態に戻せば震災はあったけれども被害はない、みたいなシュタゲの様なことができるんじゃねとか考えた。逆に震源地だけ未来に進めるとか。

SFとして設定を練れば、面白そうですね。シュタゲも好きですよ。

> 仕方がないじゃなくどうしようもないの方が

反省ですね。そちらの方が良かったです。
そもそも女に「仕方ない」と言わせたのは失敗でした。

> 一番に復興支援をしてた自分は、あの街を思い出して泣けました。

自分は遠くからしか支援ができず、そういった方を本当に尊敬するとともに
想像を絶するほど大変だろうなあと思っています。
現場の雰囲気、絶望感、あるいは喜びを知らない自分が、
こういうテーマで書くことは少々二の足を踏みましたが……

これが、そういった方の心を揺さぶるきっかけになったとしたら、こんなに嬉しいことはありません。
あの震災は、日本人として、忘れてはいけない出来事だと思っていますから。
プロフィール

モルフェ

Author:モルフェ
HAM ◆HAM/FeZ/c2
SS保管庫です。
ここでのSSとは、主に既存のキャラを使わないショートストーリー、ショートショートのことです。
タイトルに歌詞を引用することが多いですが、歌の世界をそのままストーリーにしているという訳ではありません。

個人的なお話はこちら
tv_pops★yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。